お知らせ

ウェブサイトの常時SSL化についてのご案内

Googleが提供するウェブブラウザ「Google Chrome」バージョン68のリリース(2018年7月24日予定)に伴い、当該ブラウザでウェブサイトを閲覧した際、SSL化していないページの表示内容が以下の内容で変更されます。

今後の動向も踏まえ、ウェブサイトの常時SSL化をお勧めいたします。

ウェブサイトのSSL化とは

弊社では、お問い合わせフォームなどをウェブサイトでご利用されるお客様におかれましては個人情報入力ページのSSL暗号通信をお勧めし、ご要望いただいたお客様に有償にてご利用いただいております。

SSL暗号通信(SSL化)しているページのURLの最初に「https」と表示されています。

(例) https://www.sample-url.jp

個人情報入力ページ以外のページや個人情報の入力ページが存在しないウェブサイトにおいてSSL暗号通信は通常、行っていない(=SSL化していない)のが現状です。

(例) http://www.sample-url.jp

以前は通信環境や利用者の閲覧環境、当時のセキュリティおよび個人情報の概念等により、お問い合わせページや会員登録ページ等の部分的なSSL導入が主流でした。

現在はスマートフォンやタブレット端末などの急速的な普及、公衆無線LANなど通信環境の変化により、ウェブサイト全体をSSL化(常時SSL化)したほうが良いという状況になってきております。

Googleが提供しているウェブブラウザ「Google Chrome」はHTTPSによる暗号化を採用するように推奨し、HTTPサイトへの警告表示を段階的に強めてきました。
このたびのリリースされるバージョン68ではより、警告表示が強化されます。

利用者に安心してウェブサイトをご利用いただくためにも掲載内容・業種・規模を問わずウェブサイトの常時SSL化(HTTPS化)をお勧めいたします。

Google Chrome 68での変更点

現状(バージョン67)

SSL非対応ページのお問い合わせフォームやサイト内検索ボックスが表示されているページで、入力フォームに文字を入力した際、アドレスバーに「保護されていません」と表示されます。

Googlechromeアドレスバーのサンプル画像

※既にSSL証明書を導入済みのお客様の場合、お問い合わせフォーム等、個人情報を入力するページはHTTPS(SSL対応)しているため、上記の文言は表示されませんが、それ以外のページでサイト内検索ボックスに何らかの文字を入力した場合に表示されます。

変更点(バージョン68)

このたび、2018年7月24日リリース予定のGoogle Chrome バージョン68ではページ単位ではなくウェブサイト全体がHTTPSになっていない(=SSL非対応の)場合、常にアドレスバーに「保護されていません」と表示されます。

今後のGoogle Chromeリリース予定

バージョン70(2018年10月16日 リリース予定)

HTTP(SSL非対応)ページでデータを入力した場合、「保護されていません」の文字が赤い文字で表示されるようになる予定です。

Google Chrome以外のおもなウェブブラウザの現状(2018年6月現在)

lnternet Explorer 11

  • 特に目立った警告は表示されません。
  • SSLページには鍵マークが表示されます。

Firefox 60

  • 非SSLサイトでは、URL欄の先頭に「i」のみ表示され、そこをクリックすると「この接続は安全ではありません」という警告がでます。
  • SSLサイトでは、URL欄の先頭に鍵マークが表示され、そこをクリックすると、「安全な接続」と表示されます。

MacおよびiOS用Safari

  • 特に目立った警告は表示されません。
  • SSLページには鍵マークが表示されます。

スマホ用Google Chrome

  • 非SSLサイトでは、URL欄の先頭に「i」のみ表示され、そこをタップすると「このサイトへの接続は保護されていません」とポップアップ表示されます。
  • SSLサイトでは、URL欄の先頭に鍵マークが表示されます。

常時SSL化の主なメリット

セキュリティの強化

ウェブサイトのなりすまし・暗号化されていない無線LAN・Cookieの盗聴などのセキュリティリスクに対抗し、利用者にとってより安全なウェブサイトを提供できます。

スマートフォンやタブレット端末などの急速的な普及に伴い、あらゆる公共の場所で誰でも公衆無線LANを利用できるようになりました。これらの公衆無線LANはセキュリティレベルが低いため、悪意を持った第三者により通信を傍受されるリスクが高まります。

個人情報は、フォームに入力する名前やパスワード、クレジットカード番号だけではありません。HTTP通信時においてもcookie等のデータに閲覧履歴やログイン情報などの個人情報が含まれる場合があります。

Google検索順位での優遇

検索エンジンにおいてHTTPS(常時SSL化)ページが優先的に上位に表示されます。
一部のページのみSSL化している場合、検索エンジンは安全でないウェブサイトと認識します。これによりユーザの利用が減少し、結果として検索順位へ影響します。

信頼性の向上

利用者自身が正しいサイトに接続していることを確認できるとともに、第三者機関に認証された本物のウェブサイトであり、安心してご利用いただける目印となります。

常時SSL化の費用

SSL証明書をお持ちでないお客様

  1. SSL証明書導入費用
  2. SSL証明書運用費用(年額)
  3. ウェブサイトSSL化基本料金
  4. ウェブサイトSSL化追加料金(※お客様のサイト構成やご利用サービスにより発生する可能性があります。)

  ※上記2以外はSSL化対応時のみ発生する費用です。

SSL証明書をお持ちのお客様

  1. ウェブサイトSSL化基本料金
  2. ウェブサイトSSL化追加料金(※お客様のサイト構成やご利用サービスにより発生する可能性があります。)

  ※上記1・2はSSL化対応時のみ発生する費用です。

有償翻訳サービスをご利用のお客様

翻訳サービスにおけるSSL対応オプション料金が必要となります。(運用費が増額となります。)

お問い合わせ先

株式会社インフォメーション・ネットワーク福島 ウェブサービス課

電話

024-563-5021

FAX

024-524-2255

メールアドレス